新生児と乳幼児でスキンケアが違う

赤ちゃんの肌は誰もがうらやむほどもちもちですべすべの肌をしていますが、大人の肌よりデリケートで、バリア機能などの免疫もほとんど機能していません。

だから皮膚が落ち着くまでに年月がかかるのですが、その間に肌トラブルを繰り返してしまうと、のちのお肌に影響してきます。

赤ちゃんが健康で美肌のまま成長できるようにママはスキンケアをしっかりしてあげることが大事です。

生まれたてはオイリー対策のスキンケア

生後一ヶ月くらいの赤ちゃんはテストステロンという男性ホルモンが過剰に分泌されます。そうするとその影響で皮脂の分泌が多くなり、頭皮やおでこなどに湿疹ができやすくなります。

このときのスキンケアで大事なのはシャンプーで、皮脂が毛穴などを詰まらせないように、しっかりと洗う必要があります。

使用するシャンプーはできれば無添加で刺激の少ないものを選んでください。さらに保湿も大事なので潤いをとどまらせる性能もあればなおいいでしょう。

また皮膚本来の機能を高めるために弱酸性のシャンプーがいいとされています。

3か月目以降は保湿を中心としたスキンケア

赤ちゃん

生後3ヶ月以降は皮脂の分泌も収まってくるので、今度は乾燥に注意をしてスキンケアを行います。

とくに成長していくと離乳食などで口の周りが汚れたり、よだれが出たりして肌荒れをしやすくなります。そうなると口の周りを拭くと思いますが、それだけでは乾燥をすすめてしまうので、都度クリームやローションなどで保湿をすることが大事です。

保湿をするのは特にお風呂上りが重要で、女性なら同じだと思いますが、ボディクリームやオイルなどを塗って潤いを逃がさないようにしましょう。

さらに赤ちゃんの場合は、汗を拭いた後、食後、外出の前後(日焼け対策含む)に都度保湿をするくらいの心がけで対応するのがいいということです。

スキンケアで肌荒れを防ぐ