あせも

肌荒れで一番多いのは汗疹

汗疹は赤ちゃんの肌トラブルでも多いですが、かゆみを伴うので赤ちゃん自信がひっかいたりしてしまってなかなか治らないということもあります。

あせもにならないように、またはなってしまったらどうすればいいのか解説します。

赤ちゃんの汗疹は2種類ある

食べる

生後間もない赤ちゃんに見られる汗疹は無色透明で気が付きにくいものです。気が付いたとしても軽いものだと勝手に判断してしまい広がってしまうこともしばしば。

無色透明の汗疹を水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と言います。この汗疹はかゆみがないので気が付きにくいというのが特徴です。

しかし、発熱や発汗量が増えるとすぐに発生して広がってしまうので注意が必要です。

広く一般的に知られている汗疹は赤くなってかゆみを伴うものです。これを紅色汗疹(こうしょくかんしん)と言います。

この汗疹はかきむしりやすく、その影響でジュクジュクに患部がなってしまい少しの刺激でも痛みを感じるようになるので可哀そうです。

汗疹がひどくなると黄色ブドウ球菌が傷口から侵入してさらにひどくなっていきます。この黄色ブドウ球菌は皮膚の別の場所につくと増えていくのでどんどん広がってしまいます。

あせものかゆみを防ぐ

あせもになってしまったら赤ちゃんが本能的にかきむしり始めます。

それを防ぐために汗疹をみつけたら応急処置をしておくと良いでしょう。

基本的には患部に汗を残さないようにマメに拭きとってください。それから氷水をかけたり冷却スプレーなどで患部を冷やします。

直接触れないように保冷材などをタオルに包んで患部に巻いたりすることも有効です。また入浴時に身体を温めすぎるとかゆみが増幅するので、できるだけぬるま湯程度の入浴にしたほうがいいでしょう。

あせもは早く治療することが大事

あせもは悪化しやすいので症状を緩和しながら治療をしていきます。

汗疹のかゆみを起こさないためには、肌の表面をいつも清潔に保って、汗や皮脂を皮膚にとどまらせないことが重要です。

冷たいタオルなどをつかい冷やしながらできるだけ赤ちゃんが不快にならないように努めてください。

そして小児科や皮膚科を受診して適切な薬をつかって症状を抑えるようにしましょう。あせもの発見と治療は早ければ早いほどいいのです。

赤ちゃんの肌荒れにはミルクローション