なぜ湿疹ができるのか

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは皮脂の分泌量が多くなっています。

そして皮脂が分泌していくと毛穴などに皮脂が詰まってしまいそこに雑菌が繁殖したりすると湿疹となります。とくに頭皮の油分が多くなりやすいので、頭皮を不潔な状態にしているとなりやすいです。

脂漏性湿疹は黄色いフケのような感じでかさぶたみたいなものができるので、すぐに気づくのですが、赤ちゃん自信はかゆみなどを伴わないのであまりリアクションはありません。

初期の場合はシャンプーで清潔にする

あらう

基本的には頭皮などを清潔にすることで、だんだんと湿疹は良くなってくるのが普通です。そのためには正しいシャンプーの方法を行うことが大事です。

湿疹のかさぶたのようなものは皮脂が乾燥して硬くなっています。だからシャンプーを普通にするだけでは取れない場合があるのです。

だから最初にベビーオイルなどを湿疹のある所に塗ります。そうすることで、固まった皮脂を柔らかくしてシャンプーで落としやすくなります。

それからシャンプーの前には体を十分に温めておいてください。赤ちゃんがリラックスして、シャンプー中も身体が冷えないように配慮するのです。

シャンプーをするときは2回洗うといいと思います。1回目は先ほど塗ったベビーオイルと湿疹の皮脂を取り除くために、少しのシャンプーで頭皮をなでるようにしてすぐい洗い流します。

それからもう一度シャンプーを手に取って、次は頭皮を優しくなでるようによごれを取ります。シャンプー後も注意してタオルとかでごしごしこすらないようにしましょう。

ひどいときは皮膚科に相談

湿疹の症状がひどいときには小児科、または皮膚科に相談するようにしましょう。薬が処方されるの、それを使って治療をします。

赤ちゃんによっては脂漏性湿疹は何回もなる場合がありますが、たいていの場合生後4ヶ月くらいで皮脂が減ってくるのでだんだんと自然に治ってくることが多いです。

赤ちゃんの肌荒れ対策はこちら