肌荒れ

乳児湿疹は生後3、4ヶ月前と後で出やすい

赤ちゃんのお肌というのはもちもちでツルツルなんですが、実は大人よりも肌が薄くてバリア機能がまだ発達していないので、肌トラブルが起こりやすい状態です。どんな赤ちゃんでも一度は経験するのが、乳児湿疹とか乳児アトピーと言われる肌荒れの一種ですよね。

赤ちゃんの肌荒れは大きく分けると生後数週間~4ヶ月くらいまでに出る「脂漏性湿疹」と、生後4ヶ月以降に出る「乾燥性湿疹」に分けられます。

生後4ヶ月くらいまでは脂漏性湿疹

生後3~4か月は赤ちゃんの皮脂は多い状態になっています。これは母親のホルモンの影響で皮脂分泌が多くなっているのです。

赤ちゃんは皮膚の代謝機能が未熟なので、大量の皮脂分泌に対応できなくなって毛穴が詰まりやすくなります。皮脂が毛穴に詰まると雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしてしまいます。これが脂漏性湿疹というわけです。

新生児ニキビ

生後1ヶ月までに見られる肌荒れのひとつに新生児ニキビがあります。大人のニキビと同じように赤みのあるできものが、頬やおでこに出現して、ひどい時には顔全体が赤くなります。肌を清潔にしていれば通常は自然に生後1~2ヶ月の間に治ります。

乳児脂漏性湿疹

肌荒れ湿疹の中でもとくに多いのが乳児脂漏性湿疹です。頬やおでこなどに黄色いささくれのような、フケのようなものがでてきたりします。かゆみなどはあまりなく、赤ちゃんも反応が薄いですが、放っておくと炎症になり患部がじゅくじゅくになったりします。

あせも

1歳や2歳になっても悩まされる肌荒れというのは「汗疹(あせも)」です。わきの下や首の周り、おむつの中などお尻まわり、太ももなど蒸れやすい箇所にできます。新生児は白いできもの、それ以降は赤いできものができてかゆいのですが、ひっかくと黄色ブドウ球菌に感染して化膿するので放っておけない疾患です。

生後4か月以降は乾燥性湿疹

生後4ヶ月くらいになると母親のホルモンの影響がなくなるので皮脂の分泌が減っていきます(通常に戻る)。これ以降にできる肌荒れというのは乾燥性湿疹で、特に秋から冬にかけて乾燥しやすい時期にできることが多くなります。

乾燥が原因の肌荒れは、顔だけでなくお腹や太もも、ズボンのゴムがあたる腰まわりなど、乾燥しやすい箇所にできやすいです。

夏場のあせもを引きずって乾燥性湿疹になると、よりやっかいな肌荒れ・炎症になってしまうので、季節の変わり目はとくに注意が必要です。

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌荒れ・湿疹対策

肌荒れの中にはアトピー性皮膚炎やアレルゲン物質からくるアレルギー症状というものもありますが、その場合は皮膚科を受診するのがいいでしょう。

それ以外の軽い肌荒れや湿疹の場合は、基本的には「清潔にすること」と「保湿をすること」で改善することができることが多いです。

お肌を清潔にするための洗浄

肌荒れは清潔にする

肌荒れや炎症部分はどうしても痛々しく感じてしまって、しみないように石鹸などを使わないように気を遣ってしまいがちですが、それこそが炎症を悪化させます。とくに脂漏性湿疹の場合は皮脂の過剰な分泌が原因ですし、あせもも汗で蒸れることが原因なので、皮脂をしっかり洗い流すことが大切になります。

ベビー用の石鹸をよく泡立てて、手のひらで優しく泡で包み込むように顔や体を洗ってあげましょう。赤ちゃんを持ちながら泡立てるのが困難な場合は泡で出るプッシュ式のものを選ぶのもいいと思います。

石鹸やボディソープを選ぶ場合は、無添加で敏感肌でも使える天然由来成分でできたものを選ぶのがいいと思います。

最近ではBabytab(ベビタブ)のような入浴のみで肌をキレイにする商品や、圧倒的に柔らかいボディ用スポンジであるナチュラルシースポンジなどを使用すれば、さらに肌をいたわれると思います。


Babytab(ベビタブ)

・石鹸&シャンプー不要で清潔に
・無香料&無着色
・安心の日本製
・重炭酸湯で肌スベスベ

公式サイトで詳細を見る
オススメ


ナチュラルシースポンジ
ナチュラルシースポンジ

・天然100%ボディ用海綿スポンジ
・赤ちゃんの肌を傷つけない優しい肌触り
・肌ストレスゼロ
・家族全員で使える

公式サイトを見てみる
オススメ

乾燥しないようにしっかり保湿

肌荒れには保湿

乾燥性湿疹で特に大切なのが保湿になります。保湿の方法としてはローション、クリーム、オイルなどいろんなタイプのベビーグッズが販売されています。ベビー用ならたいてい無添加で安全に作られているものが多いですから、赤ちゃん専用のものをつかうのがいいでしょう。

ただ、女性のコスメも人によって合う合わないがあるように、赤ちゃんにも保湿剤が合う合わないということがあります。これは植物性オーガニック原料や天然由来成分であっても起こることで、例えば花粉症もスギという天然成分ですがアレルギーを起こす人がいるということと同じことです。

だから保湿剤は最初は試すのを前提として購入し、肌の一部分でしっかりパッチテストを行ってから使用しましょう。合う保湿剤がみつかったら、肌が乾燥しないようにこまめにケアしてあげてください。その上にワセリンを塗ると水分を逃がさないようにフタができるのでより効果的です。

私が使っていた「ファムズベビー」は刺激性もなくオススメです。



ファムズベビー
ファムズベビー

・母子健康手帳 副読本に協賛
・パッチテストで皮膚刺激指数ゼロ
・あせもや汗っかきに
・乾燥肌やおむつかぶれに
・敏感肌のママにも◎

公式サイトを見てみる
オススメ

私の赤ちゃんの肌荒れ改善事例

私の息子も生後3ヶ月頃に乳児湿疹ができてしまいました。その時も清潔にして保湿をすればいいということがわかっていたので、上の子にも使っていたファムズベビーを使って保湿をしました。

肌荒れに保湿

そこまでひどいものではなかったので、しっかり皮脂を落とすことと、保湿を丁寧にこまめにやることで1週間程度できれいなもちもち肌にもどっていきました。

赤ちゃんの肌荒れ改善

ファムズベビーは上の子にも使っていたので、たぶん肌に合うだろうと思いましたがバッチリ合ってくれましたね。口コミでは肌に合わない人は、ママや家族が使っても肌に合わないということがあるので、やっぱり遺伝的な要因で合う合わないがあるのだろうと思います。

私はファムズベビーをおすすめはしますが、人それぞれ合う合わないがあるので、とりあえず試すという人は28日間返金保証付のある以下のバナーから行ける特設ページから購入してみてください。


▼▼28日間返金保証あり▼▼
ファムズベビー